若者も家づくりを計画|地域の特性を要チェック|注文住宅を購入する前の検討すべきポイント

地域の特性を要チェック|注文住宅を購入する前の検討すべきポイント

若者も家づくりを計画

レディー

インテリアにこだわる

横浜の不動産事情として、注文住宅を建てている世帯主の平均年齢は一昔前と比べ、若返り傾向です。ランドマークタワーなどの建築物、商業施設の充実化もあり、若者が集まる横浜に移住するケースも増えています。不動産の購入や建設の決断も、子供の誕生や就・転職などがキッカケとして挙げられています。ですが、横浜エリアでも子供の成長にあわせ、夫婦二人など、家族構成に相応しい我流の家づくりも一定数挙げられています。注文住宅では若い世代の借入金が増えているのも特徴で、自己資金で補いたいものの、年齢によって資金額も意外と少ないのも特徴です。建築費や土地の価格の高騰も原因の1つですが、現在、低金利時代によって、多く借りて外構や家具などのインテリア費にあてる若者は増えています。注文住宅も長期優良住宅として長く暮らせるため、最近では内外装にこだわる傾向です。

グリーンや自然を取り込む

横浜の都市の暮らしに、風や緑などのアウトドア空間が少ないため、マイホームに採用するケースが増えています。都市に暮らしながらも、自然の彩りを取り入れた心地よい住まいは、商業施設等の多い横浜エリアならではの考え方で、結果、注文住宅が人気を集めています。例えば、テラスを設けたり、屋上や吹き抜けなどを配し、内と外を繋げた間取り設計は不動の人気です。マンションなどの縦長シルエットが横浜の不動産には多く、外観を横長シルエットに仕上げる設計も3階建てなどの戸建て設計では視覚的に安定感を生むと人気です。1階にリビングとフルオープンでゲストを迎えやすい空間が設計され、2階にプライベートな空間を設計するのも若い世代ならではです。緑豊かな屋上のテラスをプランに組み入れるケースも増え、例えば、花火大会も見物でき、グリーンを配した様々な楽しみを増やす住宅として人気です。